音戸の瀬戸

音戸の瀬戸

音戸の瀬戸―呉と陸続きだった倉橋島との間を厳島神社参拝の船の航行を便利にするため平清盛が一夜で開削したと伝えられている。音戸大橋―以前は「音戸の渡し」であったが呉から倉橋島、江田島、能美島への車の通行の利便の為に架けられた。昭和36年完成。